ちりめんじわにヒルドイド薬は効果ある?

ちりめんじわなど小じわに『ヒルドイド』というアトピー性皮膚炎などの治療に使われるクリームタイプの薬が効果的と言われています。

とても保湿力が高いため乾燥した肌に水分をしっかり補給してくれます。また血行促進や傷を補修する効果、血液の凝固を防ぐ効果などもあります。

ヒルドイドの効果

ヒルドイドはとても保湿効果が高いため、アトピーや肌荒れなどによる肌の乾燥に効果を発揮します。また界面活性剤が配合されていることから、皮脂と保湿成分をしっかり馴染ませてくれます。

しかし、美容成分が入っているわけではありません。直接しわを治すというものではなく、肌内部のコラーゲン量を増やす作用もないので、基本的には保湿・肌荒れ目的で使用します。

安全性は?

ヒルドイドは医療用保湿剤なので、安全性は比較的高いと言われています。ステロイドは含まれていませんし、使う期間などが決められているわけでもありません。

しかし、パラベンなど保存料は使われています。敏感肌で添加物が合わない場合は刺激を感じることもあるので、その場合は無添加化粧品などに切り替えましょう。

ヒルドイドは医師の診察がないと処方されない

ヒルドイドはちりめんじわの解消に効果的とされますが、あくまで医薬品です。そのため医師の処方が必要です。皮膚科で診察を受け、必要と判断されれば処方してもらえます。

最近では美容目的で皮膚科を受診する人が増えており、ドクターに敬遠されている例もあります。

ヒルドイドは確かに優秀ですが、単に保湿目的なら市販のものでも充分代用はききます。ちりめんじわのケアで考えるなら、ヒルドイドよりアイクリームの方が効果的でしょう。

アイクリームは目元のことだけを考えて作られたクリームであり、目元の悩みに効果的な成分を豊富に配合しています。

美容皮膚科でちりめんじわ解消

ちりめんじわは保湿化粧品で解消を目指しますが、どうしても時間がかかってしまいます。そこで手っ取り早く解消したいなら、美容皮膚科で施術を受けるという方法があります。

というのも、専門の医師が予算や症状に応じてベストな施術方法を提案してくれるからです。高い治療効果も得られるので、着実にちりめんじわを解消することができます。

ちりめんじわ解消の皮膚科治療

①ヒアルロン酸注射

■施術内容や効果
ヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を抱え込めるほど高い保水力があります。シワの箇所に注射することで肌にみずみずしさやハリを与えられます。ふっくらとしたハリが戻り、シワ解消や美肌効果を得られます。

■ダウンタイムや通院回数
一回の通院で効果を得られ、ダウンタイムはありません。稀に小さな腫れ、内出血などが起こります。

■治療費用
値段はクリニックによって多少異なりますが、およそ1ccで4万~6万円です。

②ボトックス注射
■施術内容や効果
たんぱく質の一種・ボトックスを注射する施術です。 ボトックスには筋肉の動きを鈍くする作用があるため、シワの元となる表情筋の動きを麻痺させられます。その結果シワを防ぎ、綺麗な肌をキープできます。

■ダウンタイムや通院回数
一回の通院で効果がありますが、内出血、多少の腫れ等のダウンタイムがあります。

■治療費用
1部位につき1万円~5万円前後。注入する量によって異なるのが一般的で、目元の場合でも2~5万とかなり開きがあります。

③レーザー治療

■施術内容や効果
レーザーをシワに照射し真皮層に意図的にダメージを与えて細胞を破壊します。肌の再生を促し、ハリと艶をもたらすコラーゲンの生成を促すことができます。 肌が引き締まり、目元のちりめんじわ解消につなげます。

■ダウンタイムや通院回数
施術後のダウンタイムはほとんどありません。月1度のペースで5~6回の通院が必要になります。

■治療費用
値段は1回2万~15万円と、かなり幅広いです。トータルの施術回数を考えると最も高額ですが、その分効果も高い施術です。

定期的なメンテナンス費用も考える

レーザー治療やヒアルロン酸注射を受ける場合、定期的なメンテナンスが必要になります。というのも、一度施術を受ければ永久に効果が続くわけでは無いからです。

例えばヒアルロン酸注射の場合、およそ半年くらいでヒアルロン酸が体内に吸収されてしまいます。長期的な効果を得たいならば、あらかじめ費用をよく検討しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください