ここが一番できやすい!目元のちりめんじわ

ちりめんじわができやすい箇所の条件は、

  • 皮膚が薄い箇所
  • 皮脂の分泌が少ない
  • 動きが多い

という部分。中でも目元は皮膚が薄いうえに皮脂の分泌量も少なく、まばたきや表情など動きも大きいのでちりめんじわができやすいです。

乾燥がひどい人ほどちりめんじわは定着しやすく、年齢を重ねるほどしわは深くなっていきます。最終的には目尻の小じわ目元のたるみに繋がっていきます!

目元のちりめんじわのメカニズム

目元の皮膚の薄さは、ふかふかのセーターとペラペラのYシャツに例えると分かりやすいかもしれません。

どちらがしわになりやすいか?やはり薄いYシャツですよね。

目元は頬や鼻に比べ皮膚が薄く、なおかつ動きが大きいためにしわになりやすいです。さらに皮脂が出ないため乾燥しやすく、細かいしわが定着します。

さらにハリのなさがしわを加速!水分たっぷりのハリのある肌なら、一時的なしわは弾力で戻ります。しかしハリのない肌はしわが戻りにくく、そのまましわが刻まれていきます。

目の下のちりめんじわ解消法

①ホットアイマスク

ちりめんじわには、ホットアイマスクが効果的な解消法のひとつ。

ホットアイマスクは目の疲れやクマなどの対策として使うイメージですが、スチームが出る蒸気タイプのものを使うことで

  • 温熱効果で血流アップ
  • 乾燥によるしわを予防する

といった効果が期待できるのでおすすめ。目元は温めて血流を促進することで新陳代謝が高まるので、肌のハリ回復に役立ちますよ。

②アイクリーム

ちりめんじわは乾燥対策が大切なので、目元専用で保湿力が高いアイクリームを薄く塗ることで乾燥から肌を守ることにつながります。アイクリームは

  • 保湿成分
  • 肌の弾力を高める成分
  • 適度な油分

が含まれているため、しわの原因になる乾燥を防ぐことができます。蒸気タイプのアイマスクと組み合わせるとさらに効果的です。

③UVケア

紫外線にはコラーゲンやエラスチンを破壊する作用があり、長時間浴びると肌が乾燥しやすくなります。ちりめんじわ解消には、予防としてUVケアも入念に行いましょう。

  • SPF・PA入りの化粧品を選ぶ
  • 日傘や帽子を常備する

外出するときはしっかりとUVケアを心掛け、紫外線から肌を守ることから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください